二次会景品の購入方法

二次会景品を購入する際に、どれを買えば良いか、どこで買えば良いかということがわからない時にやはり頼りになるのはインターネットです。インターネットであればリーズナブルに購入することもできますし、買いに行く手間も省けます

とはいっても商品を見ることなく購入して景品にすることは不安が残るものです。
インターネットでの二次会結婚品購入そこで、下見にはバラエティショップや量販店に行き実際に目にした上で、実店舗とインターネットとの価格差やサービス内容の違いを確認した上で総合的にお得な方法で購入するのが望ましいです。
少しでも費用の節約をするために、ネット通販は是非とも活用したいものです。

二次会に参加した人たちはお祝いのために足を運んでいるものの、やはり会費制であることから食事や飲み物の量や種類、会場のサービス、ゲームの景品といったものには目がいくものです。
そこで、会費が高いのに景品も少ないと思われたりあまり豪華なものがないと思われるのは避けたいものです。
そこで、上手にやりくりをして少しでも会費の割に景品が豪華だと思われたり、景品が高価なものばかりではなかったとしても面白いものも多くて楽しめた、と思ってもらえるような工夫は大切なのです。


二次会景品選びのコツ

二次会のゲームをする際に、豪華な景品であれば自然と盛り上がるものです。しかし、実際には全員に豪華な景品を配れるような予算はなかなかないものです。一つだけ豪華にしてしまえばその景品が誰かの手に渡ってしまうとそのあとは盛り下がっていく一方となってしまうので、いくつか目玉景品を用意して少しお笑い要素も加えるというメリハリを上手につけることが重要です。

テーマパークテーマパークのチケットや金券というのは豪華景品の定番として人気のものです。
かさばらないので持ち帰りやすく、利便性があるので目玉商品としてはお勧めのものです。
他にもあえて、新郎新婦が欲しいと思っているものを景品に入れておき景品が当たった人が新郎新婦へプレゼントするというサプライズも盛り上がります。
中にはハズレとして金券に見せかけた封筒の中に「新郎新婦の新居への引越し手伝い」と言った券を入れたり新居に一度訪れられる券、といったものは景品の費用もかからないのに盛り上がるのでお勧めです。

そして、景品を選ぶ時には新郎新婦の予算を限界まで使うのではなく少しでも多く予算を余らせて新郎新婦に返すことを目指すことが望ましいです。
結婚のタイミングというのは何かとお金がかかりますから少しでも黒字が出ることは嬉しいものです。必ず予算からはみ出ることは避け、少しでも多く余るよう配慮するようにしましょう。